結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと◯◯にして!(蒲田デリヘル)

結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと◯◯にして!

蒲田(デリヘル/人妻)
24時間
03-5377-7378
■お問い合わせは「風俗H見た」で!
真田の妻
◆ 電マ・バイブ・ローター・スティックローター・手枷・アイマスク・ペンライト・オナニー鑑賞・放尿・ノーパン出張・ノーブラ出張・パンスト破り・即尺・即クンニ・顔射・ごっくん・聖水口内大放出・AF・イラマチオ・写メ撮影・動画撮影・遠隔ローター散歩・聖水持ち帰り・黄金
結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと◯◯にして!

即ヒメ/本日出勤の女の子

出勤情報へ >
新規様限定
 ◆24種類の無料オプションに加え、Hな待ちポーズ!
16,000円のところ
15,000
  • [コース名]
    「新規様限定!」◆24種類の無料オプションに加え、Hな待ちポーズ!
  • [開催期間]
    2016/12/01(木)~2017/12/31(日)
  • [内訳]
    60分コース:
    16,000円
    65分コース:
    15,000円
  • [備考]
    関東最速最安値_限界価格_8,000円★全てが無料オプション★30分〓8,000円60分〓16,000円90分〓24,000円120分〓32,000円150分〓40,000円180分〓48,000円-----------------------------------------------写真指名の場合+1,000円となります。http://www.kamata-deli-h.com/http://www.kamata-deli-h.com/mhttp://www.kamata-deli-h.com/magaTEL:03-5377-7378(24時間営業)

店長おすすめ女の子

在籍一覧へ >
お得情報 2017-10-22 23:59:14 UP

メルマガ会員様限定割り!!!

メルマガ会員様限定割り!!!

メルマガ会員様限定、前日以降の事前予約を頂きましたご主人様には下記の割引き対象とさせて頂きます。

 

  60分⇒1,000円引き
  90分⇒2,000円引き
120分⇒3,000円引き
150分⇒4,000円引き
180分⇒5,000円引き

※お問い合わせの際、必ず『メルマガ会員様限定の事前予約割り見た』と一言お願い致します。
※本指名は対象外とさせて頂いておりますので、ご理解頂きたく願います。

 

http://www.kamata-deli-h.com/maga

 

03-5377-7378(24時間営業)

最新情報 2017-10-22 23:54:52 UP

24種類の無料オプションに加え、Hな待ちポーズ、入室5分間無料でHな相談!!!!

24種類の無料オプションに加え、Hな待ちポーズ、入室5分間無料でHな相談!!!!

◆玩具7点◆
ローター・スティックローター・手枷・アイマスク・ペンライト・バイブ・電マ

 

◆羞恥5点◆
オナニー鑑賞・放尿・ノーブラ出張・ノーパン出張・パンスト破り

 

◆刺激5点◆
即尺・即クンニ・聖水口内大放出・顔射・ごっくん

 

◆最強7点◆
AF・イラマチオ・写メ撮影・動画撮影・遠隔ローター散歩・聖水持ち帰り・黄金

 

◆待ちポーズ◆
仰向け・横向き・四つん這い・正面立ち・立ちバック・正座・М字開脚マングリ返し・指入れオナニー・玩具オナニー

 

http://www.kamata-deli-h.com/
http://www.kamata-deli-h.com/m
http://www.kamata-deli-h.com/maga

 

TEL:03-5377-7378 (24時間営業)

店舗速報をもっと見る

料金

  • 料金システム

    入会金 写真指名 本指名料 延長30分
    1,000円 1,000円 2,000円 10,000円
  • 基本プレイ

    Dキス/全身リップ/乳首舐め/玉舐め/A舐め/ドリル舐め/クンニ/69/指入れ/パイズリ/素股/言葉責め/ 生フェラ/ゴムフェラ/ディープスロート/お掃除フェラ/口内発射/ローションプレイ/時間内強制無制限発射
  • コース料金

    基本コース
    30分コース 8,000円
    60分コース 16,000円
    90分コース 24,000円
    120分コース 32,000円
    150分コース 40,000円
    180分コース 48,000円
  • 追記事項

    ▽▼▽コース詳細▽▼▽
    60分コース…【電マ】付き
    90分コース…【玩具7点】付き
    120分コース…【玩具7点+羞恥5点】付き
    150分コース…【玩具7点+羞恥5点+刺激5点】付き
    180分コース…【玩具7点+羞恥5点+刺激5点+最強7点】付き
    ※180分以上のロングコースはお問い合わせ下さい
    ※キャンセル・チェンジは全額負担していただきます

    ▼出張エリア・交通費▼

    【一律/3,000円】

    ※出張エリア等の詳細に関しましてはお問い合わせ下さい

    ▽▼▽無料オプション▽▼▽
    【玩具7点】…ローター/スティックローター/手枷/アイマスク/ペンライト/バイブ/電マ
    【羞恥5点】…オナニー鑑賞/放尿/ノーブラ出張/ノーパン出張/パンスト破り
    【刺激5点】…即尺/即クンニ/聖水口内大放出/顔射/ごっくん
    【最強7点】…AF/イマラチオ/写メ撮影/動画撮影/遠隔ローター散歩/聖水持ち帰り/黄金
    【待ちポーズ】…仰向け/横向き/四つん這い/正面立ち/立ちバック/正座/M字開脚マングリ返し/
    指入れオナニー/玩具オナニー

    ◆女の子によって可能なオプションが異なりますので事前にご確認下さい。
    ◆写メ・動画撮影はアイマスク着用となっております。
    ◆パンスト破りは、パンスト持ち帰り可能となっております。
    ◆聖水・黄金の持ち帰りは容器をご用意下さい。
    (体調等によりご要望にお応えできない場合がございます。)
  • オプション

    0円 電マ バイブ ローター スティックローター 手枷
    アイマスク ペンライト ノーパン出張 ノーブラ出張 パンスト破り(黒/ベージュ)
    オナニー鑑賞 放尿 即尺 即クンニ 聖水口内大放出
    顔射 ごっくん AF イラマチオ 写メ撮影
    動画撮影 遠隔ローター散歩 聖水持ち帰り 黄金 -
  • クレジット

    VISAMASTERJCBAMEX

1日体験の女の子

  • 雪平の妻
    T165/B89(E)/W55/H86
  • 藤原の妻
    T154/B87(D)/W56/H85
    待ち合わせ場所へ行くと、色白美肌の清楚で大人しそうなスレンダーな女性が立っていた。 半信半疑で近づいてみると、ニコニコ笑顔で近寄って来てくれた。 「こんにちは、初めまして・・よろしくお願いします。」と、明るく人懐っこい。 外見からも、決してエロい言葉を言うようにはとても思わなかったが、大のH好きらしく、現在セフレもおらず、ウズウズしているんだとか・・ ここぞとばかりに、車に乗せ、移動中にさりげなく手を握ってみるとうっすら汗をかいていた。 スカートを左手でまくり直接ふとももを撫で、パンティに手をふれるとぴくっと反応....性格はMそのもので、特に言葉攻めに弱く、恥ずかしいことを強要されたり、いじめられる事にとても感じるらしい・・・ 「こんな……っ、あんっ!」 そのままアソコを弄り続け、一気にラブホの駐車場に入れてみる。 綺麗な顔立ちが困惑している様に見えたが、次の瞬間、言葉を失った。 突然、「キスしてくれませんか?」と言うのである。 息づかいが徐々に激しく、「アアァ~ハァァ~ン」と声を出している。 ここがまだ駐車場という事をわすれ、本能的にワンピースの隙間から直接背中に触れると、ビクッ!と仰け反り、かなりの感度の良さを感じた。 ツルツル過ぎるほどの感触のせいもあり、部屋に入る時間が惜しいほど興奮してしまっていた。 もう我慢できずにワンピースとブラジャーを乱暴に捲り上げ、文句無しのDカップの乳房の小さい乳首に無我夢中に吸い付くと、「アァ~ン、もっとぉぉん!」と、求めて来る。 捲れ上がって、純白の紐パンが丸見えになっている。 迷わずパンツの横紐に触れると、「えっ!?まさか…まさか…。だめ、だめ、だめ! だめええええええっ!」 さすがに少し躊躇する若妻をよそに、見せ付けるように紐をゆっくりと解いていく。 「やだやだ、いやだあああああっ! ま、まずいです……うっ! うわあああああっ!」 2つ目の紐も解かれ、おまんこは薄明るい駐車場で、ただ無防備に布切れがのせられたれただけになってしまった。 ダメと言いながらも、すでに愛液が真っ白のパンツに染みていることを確認させる。 「きゃぁぁぁぁ~~~、恥ずかしい。ごめんなさい。。お願い、早くお部屋でして欲しいです。」 パンティをポケットに入れ、ワンピースを整え車を降りる。 部屋に入るとシャワーを浴びるまでもなく、ベッドへ押し倒す。 数秒で全裸にさせ、美唇の奥にまで深く挿入させる。 「ぬうううううう……、ぬあああああああああっ!」 ぴくぴくと震える下半身が、それを熱く濡らし、締め付ける。 「あっ! あああっ! あああああっ! ジンジンしているぅっ、あああっ、くううううううぅっ」 おまんこが熱く感じた瞬間、じゅわぁっと膣口のあたりがゆっくりとヒクつき、大量の愛液がお尻にまで流れて来た。 「だめ、だめ、だめ! だめええええええっ! いっ、いやああああああああっ!もう、イクッイッちゃう」細い腕で必死にシーツを握りしめ、自分の身を支えることで精一杯、とてつもない喘ぎ声を抑えるところまで気が回らず、あっという間に、ビクビクッビクッッッとイッてしまった。 休ませる隙を与える事もなく精液が溢れ出すアソコに電マを当て、クリを刺激した。 「えっ!うそ!いやあああああああっ! やめてえええええええっ!む、無理!ああぁあああ、むりぃ!!」 クリトリスが赤く大きく腫れ上がっている。 「おおっ! クリが2センチ以上になったぞ。おっ立ったクリがいやらしいじゃないか!」 激しく吸引したクリは、前にもまして大きく硬く長く伸びている。 「だめ、だめ、だめ! だめええええええっ! いっ、いやああああああああっ!」 「もう少しだ。どれ、もう一度吸引してみるか」 「もうダメぇぇぇ! ああっ、元に戻して下さい!」 構わず股に顔を埋めアソコを舐めまわし、カチカチになったクリを吸い尽くす。 少しショッパイ味を感じながら舐めてると、口に大量の今まで感じたことのない味が… 「ああああああああっ、そんなんことしないでえっ、あはっ! 刺激がぁ、刺激が強すぎるうぅっ! ひっ、ひっちゃううううっ! しないでえええええっ!」 今まで異常に叫び、絶叫して来た。 「ひああああっ、だめえええっ! えええっ! いっ! やっ! くうぅっ……、だめっ、ちゃ、あっ! ああああっ!ダメダメ!また、、、イッちゃう~!」」 小刻みに痙攣し、吃驚するような高い声が響き渡った。 忘我の果てにまで連れ去られた若妻は、ようやく理性を取り戻そうとするが、それでも自分から腰を擦りつけ、容姿からは想像できない淫乱ぶりに、幾度も幾度も楽しめました。
  • 高野の妻
    T147/B89(F)/W60/H90
    おっとり大人しい性格で声も小さく溢れんばかりのドМ感、147cmと小さな体にFカップもあるバストが妙に性欲をそそる。 「脱いでごらん!!」の一言に、26歳の人妻は、しばらくの躊躇の後、遂に覚悟したかのように、黒いニット、そしてデニムをゆっくりと脱ぎ去った。 薄い桃色の揃いのブラとパンティーだけの姿を暫く眺めてみる。 今、顔を真っ赤に染め、必死に耐えているのだ。 耐え切れなくなったのか、背中に手を回し、ブラを取り去った。 Fカップのブラに隠されていた張りのある胸のふくらみが露になった。 恥ずかしそうにしているが、決して恥ずべき物ではなく、とても立派な胸である。 人妻の美肌の上を擦り、双方のご立派な乳房を、愛撫してみる。 「うっ・・・・・・・・」 瞳を閉じたまま、懸命に耐え忍んでいる。 ピッタリ閉じられた両脚の隙間をこじ開けるように指をパンティに沿ってこじ入れる。 「ああんっ・・・・・・」 割れ目のあたりは、かなり湿っているようだ。 中指がクリトリスを探し当て、パンティの上から擦り始めると「アッ、はうっ・・・・・・・・・・・」という声と同時に身体がビクンと反応して少し力が抜けたみたいだ。 こんな雑な事をされても、拒むどころか自分で頭の位置を調節して激しくキスを求めている。 パンティの横から指を忍び込ませて直接クリトリスを愛撫した。 驚くほどの濡れ具合....スルッと指が入っていった。 「ああっ!・・・・・・あんっ、いいっ!・・・・・もっと・・・・・、もっとして・・・・・」 懇願に応えるように、ショーツを奪うと、ビッチョリと濡れた秘所が剥き出しになる。 「いやっ・・・・・・・・お願い・・・見ないでくださいっ・・・・・・・・・・」 ヒップの隙間に顔を割り込まし、伸ばした舌が、敏感なスポットを的確にとらえると、肢体を震わせながら、「はうっ・・・・・・・・・・・ああああぁぁぁぁダぁメぇ。」全身に力を込めることができない。 奥様は下半身をくねらせ、更に後方に突き出してしまう。 「ああっ!・・・・・・あんっ、いいっ!・・・・・」 すでにド淫乱ぶりを包み隠さず発揮している。 膣内に唐突に指をねじ込んでやる。 「おおおうぅ……くおおお……」 もう限界なのであろう.......激しく加速させ、そして一気に頂点へと誘導する。 「どうだ、奥さん・・・・・・・、たまらないだろう・・・・・・・・・・・」 遂に歓びの嬌声を披露する。 「ううんっ、いやっ・・・・・・・・・、やめてっ・・・・・・・・・・・・・・・あんっ、・・・・・もう、イクっ!いやですっ・・・・・・・・・・・あんっ、イっちゃう!ああっ、駄目っ・・・・・・・・・・・・・、壊れそうっ・・・・・・・・・・・・・」 全身が激しく震え、顎を天井に向けるほどに肢体を反らす。 しばらくするとニョキニョキと起き上がり、ねっとりとチンポをしゃぶり上げる。 じゅばっ……じゅごじゅごじゅご……ぶちゅる……じゅく……。 小さな口をいっぱいまで広げて、亀頭を口内に含んでくれる。 「うおおっ……ふああっ」 狂ったかのように、硬くなったモノを自らアナルに押し当て、体重を乗せて来た。 両膝を密着させ、体操座りのように脚を折り曲げ、そして激しく腰を打ち付ける。 「あああっ・・・・・・・・・・・・・・、ああっ、もうっ・・・・・・・・・・・・・・・・・」 強く締め付けられ、その刺激を直接堪能する。 「ああっ・・・・・・・・・・・・・、ううんっ、無理っ・・・・・・・・・・・・・・・・・」 脚を閉じたままでまっすぐに伸ばし、そこに覆いかぶさるようにして激しく上から腰を動かしてやる。 許してっ・・・・・・・・・・・・・、わたし、もう・・・・・・・・・・・・・・ 体が浮遊するような感覚に襲われた奥様は、どこかに飛ばされることを避けるかのように、両手で背中にしがみついたが、その瞬間、全身が前方に倒れこんだ。 この生真面目で大人しい人妻、ベッドでの豹変ぶりとギャップを最大限に楽しめる事でしょう。
  • 神田の妻
    T167/B89(F)/W56/H88
    旦那さんとは、月に1度のエッチ・・・ついに禁断のセフレを射止めた。 一度箍が外れてしまうと、もう性欲が止まらない。 カラオケで見知らぬ2人とHしてしまったり、マッサージに行くと、アロママッサージ、胸マッサージ...しまいには、気持ち良くなって中に入れられたりの始末!!
  • 秋本の妻
    T159/B85(C)/W57/H88
    一瞬にして場を華やかにしてしまう清楚で色っぽい色白美人奥様...理想のOLベストを選ぶなら、間違いなく上位に入るだろうが、この奥様、ななななななんんとバツ1の子持ちだというのだから全く驚いた。 生活感も疲れ感の微塵も感じさせない。 かえってか、この歴さえも欲情を掻き立てられてしまう。 ミニスカートである上、生地が透ける様な薄い物で、体の線がはっきりと見てとれる。 極上のスタイルを目前に焦せる気持ちを抑え、とりあえず椅子に座らせる。 浅く座り、スカートからこれまで見たことが無いほど形の良い脚がスラリと伸びていた。 <パンティが見えるかも・・・>と期待を込め、地べたに座ると、その美脚の奥には、なんとも輝かしいショッキングピンクの小さな三角形が...これがまた黒いワンピースに良く映える。 スカートを気にしながら、慎重に足元を固め座る美人妻の姿、しかしその薄地のパンティは今もしっかりと見えている。 だんだんとモジモジとしだし、次第に顔も紅潮していく。 ゆっくりと嫌味のない笑顔で、必死に恥ずかしさを隠している。 またこれも可愛らしい。 隣りに密着するように座ってみる。 高貴な香りが漂い、もう爆発寸前だ。 そっと顔を見てみると、満面の笑顔ではないか・・・ もう我慢しきれなくなって、上に覆い被さる様にして、キスをしてしまう。 これは、人間の本能的なものだ。 「いやっ! こんなこと……だっ、ダメ、よ~~! お願い……いや、いや!!」 拒んでいる様子だが、軽々しく思われたくないだけなのか、完全に言葉と体が反比例をしている。 我慢しながらも『あっ!』『あっ!』と小声を発してしまう奥様・・・ 薄いワンピース越しに、華奢な腕から体温が伝わってくる。 スカートの上から腿を触っても反応なし。 生足を撫でても反応なし。 すでにOKのサインであると確信した。 片手を股間に持っていき、パンティの上から割れ目の当たりを優しくなでる。 柔らかい女性器の感触で、今にも爆発しそうな感じ。 荒々しく唇をむさぼる様にキスをしながら、割れ目に食い込ませる様にパンティの上から触っていると、びっしょりと濡れた感じが指に伝わってくる。 その時、とうとう本性を現わした美人奥様は、自ら、硬くなったペニスをズボンの上から扱いてきた。 もちろんこんな挑発ならば、いくらでも乗ってしまいたい。 ためらわず、素直にスカートの中に顔を入れる。 唇を這わせて下着の向こうの感触を確かめた。 ピクリと反応しているのが分かる。 太股の内側を下から上に舌を這わせて、下着越しに固くなった突起物の形を舌で何度も確かめた。 あの綺麗な顔は、どうなっているんだろう?・・・ふと確かめたくなった。 親指で勃起したクリを撫でながら顔を上げると、必至にスカートを両手で握り締めながら、体を預け背けた顔を紅潮させていた。 パンティの中に手を入れようとすると、本性を剥き出しにした美人奥様は、自分から、パンティを脱ぎ始め片方の足だけ、パンティを抜いて、もう片方の足に引っかける様にし..... 「はぁぁぁ・・・・・ん。もうダメぇぇぇ。。。。。。。」と、M字開脚しながらズボンを擦っている。 紅潮させる顔を眺めながら、割れ目へ指を滑り込ませた。 まだ触ってないはずの割れ目の辺りは、既に、舐めたところより濡れていた。 「スゲー敏感だな」と投げかけると、 「ごっ、ごめんなさい……」 この答えは、相当なドМの台詞である。 割れ目の奥の窪んだところに指を入れかき回す。 唇をかんで、「ん……っ」「んあ……っ」声を殺すというより、声が出ないほど感じてしまっている為、くちゅくちゅといやらしい音が響く響く。 背中に腕を回して爪を立てる。 激しい息遣いに混じる「イヤ」が言えずに「ヤッ」となる声がかわいい。 「あっ…、ヤッ…、キャッ…、アァァァンッ!」一際、高い声が上がる。 『わっ、、何これっ!』「……出ちゃうよぉっ」『ダだだだだ、いや、ででちゃうよ~~~』 それから間もなく、スゴイ音を立て、息を荒くしたまま、しばらくその態勢から動かなかった。 併せて、細い脚が急に高く上がったかと思うと、腰から2、3回痙攣するようにビクビクッと大きく震えて脱力した。 世界地図のようなシーツを見て、恥ずかしそうにする奥様...しばらくそうした後、それから幾度も幾度も楽しめたのであった。 今、文句なしの美人奥様に未知数を感じている...
  • 三浦の妻
    T159/B103(H)/W61/H93
    悩殺的なフェロモンを発するHカップの奥様、悩ましいほどに色情を感じさせる魅惑的な肉感に濃密な色香...一目で恐ろしいまでに強欲を掻き立てられてしまった。 それを知ってか知らずか、美しくほほえむ。 そそられる濃艶な口元が開く。 「私、旦那に不満だらけなんです!」 ミニスカートから、ほれぼれするほどにそそられる肉感を覗かせ、もう苦しいと言わんばかりに、セックスアピール!! 毎日でもセックスをしたいと言う、女盛りなのだから仕方ないであろう・・ 意地悪に「したいの?」と聞いてみると、「はい、おねがいします。」 恥ずかしいが、もうすでに濡らしてしまっているのだという。 半信半疑で、試しに短いスカートに手を入れセクシーな黒いショーツ越しに触れてみる。 「・・・・・・・・・・・・・・・・・ふんっっ。」 気持ちがこもるピンクの吐息と共に湿り気のある感触が... 紛れもなく、すでに洪水になっているのだ。 驚いていると、さらに艶めかしい声を発し身をくねらせる。 磁石引き寄せられるように、お互い唇を重ねる。 オッパイがデカ過ぎてブラジャーが肩に食い込んでいる。 ホックを外すとパァァーーーンと弾け飛ぶように迫力のHカップが露わになった。 ゆっくりゆっくり揉み回したり、舐め始ると、完全に欲望に火が点いている事が分かる。 短いスカートを開脚させると、太ももの内側を丹念に撫でた。 「もう・・・そんなに撫でられたら・・・」 自分のアソコが相当濡れているのがわかっている。 スカートとパンティも脱がし全てを晒しじっと見つめると、羞恥心に襲われながらも、さらに女らしい潤いを放つ。 それは何ともいえない素晴らしい風景だ。 焦らして楽しんでいると、「や・・やまぁ・・・んんんん」切なげに呟いた。 とぼけて、「どうした、言えよ。触ってほしいんだろ?」 すると、恥ずかしがりながらも正直に言った。 「さ、触ってほしい・・・」 「どこを?」 「どこって・・・アソコ・・・」 「聞こえないから、手を ’そこ’ に誘導しろ!」 恥ずかしがったが、下半身は疼くばかりで、一刻も早く指先で触って欲しかったのだ。 右手を掴んで、手を重ねると、指が割れ目に沿って動いた。 クチュ・・・クチュ・・・。 「あんっ!」 ぐちゅっ、ぐちゅっ・・・。 指は、糸を引いている。 クリトリスに当てると、ビクンっと体を震わせ「あぁっ!」と悲鳴に近い喘ぎ声を出す。 中指をぐいっと中に差し込み、蜜液をすくうと、クリの右上部分にぬりぬりとぬりつけた。 「あ!だめ!もう・・・・・・!あ、あ、!!(あ・・・もう・・・気持ちよすぎる!!)」 完全に快楽に堕ちた奥様は、慌ててズボンのジッパーを開け、モノを取り出すと、ゆっくり口を開き咥え込んだ。 チュッパチュッパといやらしくフェラチオを始め、腰を上下にクネらせ感じている。 「んぐ・・・」 黒眼を顔の中央に寄せて、酸欠を起こすくらいに顔を赤らめて、頬肉だけは痩せこけた病人のようにへこませて、猛然とした頭のピストンと共に、ぬめりつくような口の粘膜を巻きつかせていく。 自ら喉の奥まで押し込み、「・・・・・・・っ」となっている。 Gスポットを攻めクリを刺激する。 「はあっ!はぁっ!は・・・う・・・。」 モノを咥えるのも忘れて、喘いでいた。 「おっひょぉおぉぉぉぉおおぉ~~~~~っっ!!?」 ぴくっ! ぴくっ! ぴくっ! ぴくっ! いっ・・・いっ・・・いいぃっっ・・・いひゃぁぁあぁぁあおぉぉあああひゃぁああぁぁっっ!!! 脱力したグラマラスボディに容赦はしない。 「無理っ! 無理ぃぃっ!! 無理ぃぃぃっ!! クリひょリス、敏感でむりぃぃぃぃぃっっ!!」 どのくらいの時間が経ったのだろう? 懸命に起き上がり、特大の真っ白な大福二つを挟んで来た。 すばらしい包容力で、すべてを包みきってなお余裕があるほどだ。 両手で乳房をこねまわすと、今まで威張りちらしていたはずのペニスはあっけなく埋もれ、巨乳の前では、叱られた子供のおちんちんのように何だかちんまりと、いじらしく見える。 見た目だけではなく、感触も申し分なかった。 ずっしりとした重みが四方八方からかかって息苦しいぐらいなのに、あまりにも柔らかくてあたたかいので、その不自由さはだんだん快感に変わってきた。 それどころか、気づくと「もっと苦しくなりたい」、「押しつけられたい」と願っていた。 ジュポッ、ジュポッと音が立つ。 グシュッグシュッ・・・。 至福の時が過ぎ、気付くと、お尻の下のシーツはぐっしょりと濡れていた。
  • 東條の妻
    T162/B94(F)/W59/H89
    とても人の妻とは思えない今時の学生服を着ていても何の違和感もない可愛らしい女の子...色は白く、一目で感じるツルツルピカピカの美肌!! ニコニコ笑顔で挨拶する姿にボルテージは最高潮、張りのあるボディも手伝い、もうすでに面接どころではない。 上の空だったが、どうでも良い質問を幾つかやり取りしていると、「縄で拘束されてみたいんです。そんな自分の姿を妄想するだけで、驚くほどに濡れてしまって・・。真っ赤なロープを出して””縛って””なんて夫に頼めば、離婚にもなりかねないし・・・」 そのような状態の中、オナニーも出来ずに、もはや性的欲望は爆発しそうになっていたのだ。 この言葉を聞き、一気に迫ってみる。 一瞬、ピクッとなったが、すぐに理解したのであろう・・顔を赤らめながら、唇を薄く開けて舌を誘い込むようにも見えた。 チュ、チュと絡み合ったかと思うとヌルリと舌が入り込んできた。 「あぁ…はぁ、あん…」 胸の形をなぞるように優しく触れると、釣鐘型の見事な乳房に思わず感嘆した。 「あ、やぁ…ん」 鼻にかかった声が漏れる。 「あれ、腰が動いてる。」 「や、だって…触るから…」 「えっ、触らないほうがいい?」 意地悪な笑顔につい目をそらして下を向いてしまった。 「そんなこと…」「もっと、さ…触ってほしい…かも…」 そう言うと自ら唇を重ね、角度を変えて何度も押し付ける。 うっとりと身を預けて来る服の中にスルリと手を入れ込んだ。 下着が服ごとたくしあげられ、露わになった綺麗な色と形の胸に優しくキス。 「っあ…」「はぁあ…あぁ…」 既に固くなっていた先端の突起に触れると、体が小さくピクピク跳ねる。 「っひゃあ!」高い嬌声が漏れた。 「っあ、っあぁ…それ、声出ちゃうっ」 それを見越して、下半身へと滑り落ちるように流れていく。 「あぁ、あんっ…やぁ…」 薄い下着は既にしっとりと湿り気を帯びていた。 「恥ずかしいんだ、かわいいね。こんなに濡らしてるのに」と耳元で囁く。 「や…言わないで」 下着越しに肉厚な大陰唇を押し開き、その奥で硬く勃起し触れられるのを今か今かと待っていた小さなクリトリスを目ざとく見つけ出す。 「ふやぁっ…あっ…やぁあん。ちょっと触られただけなのに…なんでこんなっ…ビリビリきちゃう…っ!!」 「下着越しに触っただけでそんな声あげちゃって大丈夫か?」意地悪に笑いながらそう言い下着を脱がす。 肉付きが良くても引き締まっており、間近で薄い陰毛を凝視する。 激しい羞恥が襲っているのか、「――あっ・・・だ、だめ・・・。」 コリコリに硬く主張をしているクリトリスをかりかりと爪先で優しく掻きながら穴の入口を優しく撫でる。 「あっ…ひゃぁんっ…!」ぬちゃ、と耳にはっきり水音が響く。 もう愛液でぬるぬるに濡れそぼったそこはなんの抵抗もなくすんなり指を受け入れた。 「あっ!あ、や…やぁ…」ずぶずぶと奥に進めていく… くちゅ、とわざと音を立てて膣内を掻き乱す。 ちゅぷちゅぷと糸を引きながら愛液が音を立てる。 「あっ、ああぁ…っ!音、やだぁ・・・っ!恥ずかしいい・・・」 最も感じるポイントを指の腹で刺激しながら親指は勃起しきったクリトリスを押しつぶす。 「っきゃうぅっ!や、だめだめだめぇぇぇぇぇ!や、あ、あっ。こんな快感耐えられない。」 びくびくびくっと体が激しく震える。 ぐちょぐちょに濡れそぼった膣内はひくひく痙攣し、クリトリスは爆発してしまいそうなほど膨らんで硬くしこっている。 「イ、 イっちゃう!イっちゃうからぁああ!」 がに股で腰を高く突き上げるはしたない格好で腰を激しく震わせ絶頂する。 下半身はガクガク痙攣し、シーツはひどく濡れてしまった。 「はぁぁぁ…あぁ…」 虚ろな目は焦点が定まらず胸を大きく上下させてまるで動物のように荒く呼吸している。 顔を起こし、口にチンポを押し付けるなり、ジュル、ジュル、んふっ、ジュルウウ、ズボッ、ジュボッ・・・・・ 69の体勢になり、お互いの股間に顔を近づける。 膨らんだクリトリスにビシャビシャのワレメが妙にイヤらしい。 恥毛が薄いおまんこはクンニしやすく、濃いピンクの皺が露になっている。 「っやぁあああ!まって今は…今はっ…あああああ!」 あまりの快感からか、ヒップが鳥肌状態になる。 そしてねっとりと輝くその秘部の奥から、どんどん愛液が滴り流れる。 力強く舌を動かし続け、果てにはワレメをこじ開けるようにして更なる進入を続ける。 ちゅぱっ…ちゅぱ…ぢぅゅゅぱっ…ちゅるちゅる… 「ううっっんっっ!!あああっ…スゴイ…気持ちいいぃぃのぉぉっ!…変な…感じっ…はぁぁあああぅっっ…!!そんなにしたらぁ…おかしくなっちゃうぅぅんっっ…!!」 可愛い顔におっとり優しい性格からは想像も出来ない悲鳴のような喘ぎ声が響き続ける。 「おぐっ!お、おくだめええええ、だ、だ、だめだめだめ…だっ…んあぁぁぁっ!」 『あぁぁっ!イクぅぅっ!イクぅぅぅっ!イクぅぅぅっ.....!』 『あああぁぁっ!あぁぁっ!ひぃぁぁっ!ゆ、許して...もう許してくださいぃぃっ!いいぃぃ!』 再び襲って来たオーガズムの波が、大きく体を仰け反らせ、ワレメからだけでなく、アナルからも淫らな汁を漏らしている始末であった。 近い将来、ご予約困難間違い無し...当店の自信と誇りをかけてオススメさせて頂きます。
  • 長谷川の妻
    T152/B82(C)/W56/H83
    ≪≪ 出逢った瞬間の衝撃が、今でも脳裏に焼き付いて離れません ≫≫ アーモンドのようなパッチリな瞳に、優雅でモデルのようなスタイルと美貌の持ち主だった。 肌ツヤからしても、下手したら大学生かと思ってしまったくらいだ。 152cmと小柄なのですが、8頭身はあるのではないかと思うほどの美脚・・・スリムのジーンズを履いているせいで、脚から腰にかけてのラインがはっきり見え、上はラフな格好で胸の膨らみもはっきりしていた。 どんなに我慢強い私でも、こんな完璧な奥様のアソコがこのジーンズの下にあるんだと思うと気がおかしくなりそうだった。 いきなり肌触りの良い長袖のシャツを捲り上げると、真っ白な美肌を強調させてくれる真っ黒なブラを露出させた。 形良いお椀型の胸だが、何よりも驚いたのが、嘘みたいな腰のクビレとノーベル賞をあげたくなるほどにツルツルの宝石みたいに美しいお腹だ。 かつて、胸や尻や足で興奮する事はあっても、お腹だけで興奮する魅力を感じたのは初めてで一瞬戸惑った。 思わずキスや胸の他、全てを完全に忘れ、その美腹に舌を這わせ続けてしまった。 人工的なものではなく、とても自然なイイ香りが勢いを後押しする。 早速、「いやっ・・・あっあっ・・」と艶かしい声が漏れてくる。 これまた、かなり敏感だ。 思い切ってブラジャーを持ち上げ、子供が居るとは思えない大きく勃起した綺麗な乳首を甘噛し、悶える奥様の表情に激しく劣情をもよおす。 「あっ…、アッ…、イャッ…、アァァァンッ!」 左手で首筋を撫で、乳首に吸い付き、右手でジーンズの上から割れ目にそって撫でてみる。 この美人奥様を自由に出来ているというだけでこっちが武者震いするが、それ以上に奥様がビクビクと全身を痙攣させ、それがまた一段と興奮させた。 しばらくして気が付いたのだが、なんと奥様、ジーンズを湿らせているのだ。 「ん、あぁぁぁう、あ、もぅ、ダメ、だめ、やばいです。。」 まだジーンズも履いたままなのに反応が凄い!! これはとんでもない事になるぞ...と直感し、ホックを外しファスナーを下ろす。 スリムなジーンズは、あまり下ろす事が出来ないのが弱点だが、やはり求めた通りの淫靡な黒い下着があらわれるのだ。 パンティの上から触ると、お漏らししたのかというくらいにグチョグチョ・・・・ 「ああああヤダ、い、いきそう・・・」 マンぐり返しにし、両足を持ったまま、丁度クロッチの部分に顔を近づけ、密着させる。 スーっと息を吸い込むと、愛おしい奥様のヴァギナの匂いが脳天に突き刺さる。 慌ててパンツを思いっきり脱がすと、一気に舐め回す。 「・・・いいっ、いいの、いくっ、いく、いく・・・・っ!」 細い脚が急に高く上がったかと思うと、腰から2、3回痙攣するようにビクビクッと大きく震えて脱力した。 呼吸を整えながら、上気した顔で見つめ....「お願い、もっとして・・」。 そのまま、アソコに手を入れるとヌルヌル!! 隙だらけな脚を開いて中指を入れる。 出し入れすると、クチュクチュを音を立て始めた。 指を入れながら、クリトリスを嘗め回す。 「ヤバイ…ホン…トに…ホント、ホント、ホント…あああっ!」 再び腰がガクガクと震え出す。 「ああっ、もうダメぇぇ!」 その後も、美脚奥様の全身を愛撫し続け何度も絶頂・・・・・ 「うわわわぁ…、ぃぁぁぁぁ…」 もう止まらなくなってしまった感度は、クリトリスに吐息かけるだけでイク状態になってしまったのだ。 「もう、…いやだぁぁ。恥ずかしすぎる。。ごめんなさい・・」 跳ね上がるように起き上がり、ズボンとパンツをぎこちなく脱がし、既にギンギンのモノにジュポジュポと口をすぼめた。 一生懸命なフェラ顔がまた本当に綺麗で、思わず見とれてしまう。 口内射精かちょっと迷ったが、自らお尻を引き寄せゴクんと飲み干してくれるのであった・・・ シャワーで洗ってくれる最中も後戯を楽しみ、また鳴くは鳴くはで大変な淫乱ぶりをみせてくれる。 200%の満足感を味わえる事でしょう・・・ 当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。 近い将来、ご予約困難間違いナシ!!
  • 天海の妻
    T160/B122(K)/W63/H98
    日頃の妄想オナニーだけじゃ物足りず、たくさん優しくいじめられて感じたいという理由で入店!! 男を虜にする爆乳Kカップ!なのに旦那さんには、揉まれず、吸われずで宝の持ち腐れなのでたくさん揉んで、吸って、乳首をこねくり回してあげて下さい。 さらにM体質なのでもっともっと敏感で感じる身体にしちゃってください!!
  • 坂口の妻
    T160/B102(F)/W63/H93
    黒髪、色白、巨乳の男心をくすぐる雰囲気...実際に普段は子供相手の保育士、しかし実は『性』に飢え耐えていた幼妻だった!!男性経験もほとんどなく結婚をした幼妻の野望を剥き出しにしたのが、驚愕のドМ性であった。学生時代(・・・とは言っても、近い過去だが)から友達にさえ『性』の話は出来なかった控え目で素直な性格の彼女だが、それでも性欲は人一倍と自負していたそうだ。まだ若いのだが、すでにオナニーの回数はウナギ登り・・我慢も限界で、入店を決意した。 さすがに面接時には、ガチガチの絵に描いた様な緊張ぶりで、体を小刻みに震わしていた。 服の上からでも分かる形良い大きな膨らみが震え、期待が高まる。 早速、拝借してみる事にすると、恥じらいながらゆっくりと脱いで行く・・透明感溢れる眩しいほどの真っ白な美肌、外見との物凄いギャップに感じられるドエロイ体つきに一気にテンションMAX!!これ以上ないほどに女らしい体をしているのだ。若いはち切れんばかりのバストに、真ピンクの乳首は吸いつきたい衝動を抑えられる男がいるのであろうか...全裸になり視線を感じるだけで、すでに湿り気を帯び 正気を取り戻すまでに時間はかかったが、ゆっくりと跪き、丁寧にフェラチオを始めるのであった。 相手を気持ちよくさせようとかそういった感じのフェラチオではなく、ひたすらちんぽをしゃぶりたくてたまらないというフェラチオが、また、たまらないのだ。。。
  • 竹内の妻
    T165/B110(J)/W61/H90
    出逢った瞬間、「うをっ、この女・・ヤリてぇ~~~!」と股間を膨らませてしまう。ドドドエロイ男好きのする端正な顔立ちに、清潔感のある真っ白なマイクロミニのスーツには、メリハリのある凹凸な『女』の体がハッキリと映し出されている。 当店の自信と誇りをかけて、オススメさせて頂きます。 近い将来、ご予約困難は免れない・・・
  • 上原の妻
    T156/B91(G)/W61/H92
    出逢った瞬間に感じられる ドМ のオーラ...か細い声で一生懸命に口を開く。 若く張りのある体のギャップに一気に興奮度が上がる。 1000%のドМと確信出来たので、ちょっと強めに攻撃・・・すでにドМの瞳に変わっている。 キスもせずに、純白の可愛い服を着たまま、股間に顔を埋めさせる。 傍にある姿見に嫌でも映る顔は上気し、嬉しいとたくしあげられたスカートからはみ出した尻を振る姿は何とも無様で、キレイに着飾っているぶん滑稽だ。 もう30分以上もの間、必至に咥え続けている。 「...........あ.........あ.........」 喉元まで一気に差し込む。 「おごぉぉぉぉぉぉ!!」 構わずピストンを繰り返す。 「うぐっ......あうっ......ンッ!...ンッ!...ンッ!」 口の端からダラダラと涎がこぼれ出し、何度も嘔吐く内にいつの間にか瞳から涙が零れていた。 「おごっ......むぅぅっ!!」 グチュッ グチュッ グチュッ あれからどれ位、時間が経ったんだろう...完全にスイッチが入ってしまっている若きドМ妻の髪を優しく搔き上げ、ようやくそっとキスをしてやる。 嬉しそうに半泣きしながら、初々しく唇にしがみつく。 身に纏っているものを一気に剥ぎ取る。 プルンッと聞こえてきそうなほどにGカップの大きなバストが弾けると共に、ツルッツルの綺麗なオ〇ンコが露わになった。 若さ漲るハリハリのバストとヒップに衝撃を受けた。 赤のソフト縄で縛り始めると、不安そうな表情をしていたが、乳首を人差し指でピンピン...一段と反応する。 四つん這いになり完全に奴隷と化した19才の若妻は、何とも言えない顔で足の指からアナル、全身をペロペロと嘗め回す。 そろそろご褒美をとМ字開脚にさせ、ふっくらと盛り上がった恥丘の綺麗なワレメに舌を這わせる。 「アー、ウン、ハアッ、ハアッグッ、アン…」 とてつもない濡れ具合で、にゅるにゅるとお〇んこに舌を入れたり、クリトリスをしゃぶったりすると、ひっきりなしにあえぎ声を上げる。 「あっ・・・なにこれ・・・すっごく気持ちいいです・・・ヤダっ、ダッ。」 首を振ってもがいた。 「うぅっ・・・もういじめないで・・・お願い・・・」声に嗚咽が混じる。 震えながら涙を流し続ける姿。 女壷に二本の指を突き立て、浅く深く肉ひだを掻き回す。 「いやっ・・・ああっ、許して! お願いです・・・」 みるみる顔が紅潮し、涙目で訴える。 「やだっ・・・あぁっ!いやぁ・・・どうして!?助けてっ、、、もうダメ、、、、、出、出、、出ちゃう!」 豪快に潮を噴き出し脱力した無防備な女体をズラし、オ〇ンコから流れ止まらない汁をアナルに塗り、容赦なくぶち込む。 「ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」 と一瞬、身体を翻したが抵抗出来ずにいる。 『あっ、あっ・・・、だめ、もうだめ!やめてぇ、うっ、くっ、くーん!』 ピストン運動に合わせ喘ぐ。 『いやー!あっあっあっ!あー!だめ!イク!イッちゃう!ほんとにだめー!お願いーっ!いやぁー!!!』 背中を反らして腰を持ち上げ、一番高い位置で止めたままイッた。 まだまだ計り知れない開発の可能性を秘めた従順な若妻に死角は見当たらない....
  • 松田の妻
    T147/B88(E)/W57/H86
    決して派手ではないが、生真面目な現役OL奥様...上品な着こなしだが、明らかに凹凸を感じられる。 丁寧な言葉遣いで、物腰が柔らかく恥ずかしがり屋な性格から垣間見れる笑顔が何とも可愛らしい。 スタイルが抜群に良いのにもかかわらず、それを一切見せようとしない事が、一層そうさせるのか・・・たくさんのビルで働くどのOLよりも愛おしい!! 本当は、凄く寂しがり屋で弱くて、いっぱいいっぱい甘えたいのだそうだ。 少し頭を撫で、小さな体を抱き締めると、声なのか音なのか不明だったが「キュッ」と確かに聞こえた。ゆっくりと顔を上げ、飢えた雌の物欲しげな表情でキスを求めている。 それに気付かぬ振りをしながら焦らしてみると、潤んだ瞳をこちらへ向け、魔法の言葉を放った。 「恥ずかしい話ですが、私…めちゃくちゃにされたい!!」 この時、あれだけ強がり流暢を崩さなかった丁寧な言葉の変化が心地良かった。 あまり意地悪すると、思い切って大胆な魔法が解け、また甘え切れなくなってしまうので...そっと唇を這わす。 「んん……はぁん」と奥様の口から吐息混じりの声が漏れる。 積極的に舌を入れて来たかと思うと、突然、唇を離し「嬉しい。すっごい気持ちが軽い・・ありがとう」と真剣な表情で言った。 大海原に飛び込む様な気持ちで伝えたのであろう...奥様のプリンとしたヒップは、小刻みに震えていた。 本能的に強く抱きしめてしまい、自分でも驚くほど激しくキスを交わし、服の中で奥様の下着を胸の上へとズラす。 ツンと硬くなった両方の乳首を親指と人差し指で軽く摘み、それをコリコリと指で捏ねるようにして刺激した。 「ぁはあん……そんなことされたら、声が出ちゃう。」 意地悪な笑みを浮かべながら、「ダメだよ。甘えて声なんか出しちゃ。」と言ったあと、服に潜り込み、乳首を歯で軽く噛んだ。 「ぁあん!意地悪……甘えたくて、我慢も出来ないのを知っててワザとそんなことを……ぁあん。。」 服と穿いている真っ白なズボンを脱がせると、純白に輝くブラジャーとパンティ、目の前には、大きく形の良い胸とムッチリとした下半身、男心を擽る魅力的過ぎる抜群のスタイルがあるにも関わらず、それ以上にお見事なくらいツルツルな美肌が眩しかった。 しばらく見ていたいくらい芸術的な体だが、これは芸術ではない生身の人間なんだと確信する事になったのは、次の瞬間であった。 足を開かせると、新雪の様に純白だったパンティの大事な部分が染みて変色してしまっていたのだ。 下着の上からでも、奥様のそこがどうなっているのかは、容易に想像ができた。 ゴムの部分に手を掛けゆっくりとズラすと、下着が反転し、デルタ部分が現れると、溢れ出た透明な粘液の滴でキラリと光っている。 割れ目から溢れ出した粘液をジュルジュルと激しい音を立てながら啜り始める。 「ぁあああん……そんなに激しくされたら……ぁん、声が出ちゃう」 なおも「ダメだよ。我慢しなさい。」と意地悪してみる。 真面目に手で口を押さえながら、必死に溢れ出す声を堪え、身悶える姿にますます高揚してしまう。 「あっ・・・だめだってば・・・感じます・・・」 慌てて指を入れ、動かす。 「ああっ・・・ダメ・・・ねぇもうダメ・・ああううぅう・・・」 すでに堪え切れず、喘いでしまっている。さらに激しく出し入れをしていると、少し大きな声で「感じる・・・あぁぁダメ、感じるのぉ。」 ここで、「声を出しちゃダメだよ。我慢しなさい!!」と意地悪する。 「そんなこと・・・そんなこと・・言わないで・・よ・・あっだめ、ねぇだめ行っちゃうよ・・・いっちゃううう・・・イイうぐぐぐぅ・・・」 しばらく快感に浸り、ヌクッと起き上がると、「ズルい……。私だって……」おもむろにズボンのファスナーを下ろした。 そして下着の間から、すでに硬くなり始めていた肉棒を取り出すと、その先端を口の中へと運び、亀頭を舐め回すと口を大きく開け上下に顔を動かしながら、ジュポ……ジュパジュパ……ジュピュジュポ.........激しい水音を立て、美味しそうにバキュームフェラを始めた。 フェラをしながら腰を寄せて来るので、腰を掴み引き寄せ、濡れ輝く女陰に吸いつく。 「アッアアッ久しぶりイッイイッ」 声にならない艶声と淫靡なフェラ音を出しながら頭を盛んに上下させ吸い付いてくる。 「そんなに舐められるとダメ、もう欲しくなっちゃう!!」 自ら腰を寄せて来た事を知ってか知らずか、大きな艶声を出しながら仰け反り、爪を立てしがみつく有様だ。 「アッアアッイッイイッイクッ。。あっまたイグ....ダメ、いっちゃううううううう・・・・」 この後、永遠に離れないのではないかと思うくらいの甘えん坊chanになった奥様にまた逢いたいと思ってしまうのであった。
  • 安田の妻
    T152/B98(F)/W63/H90
    大きなアーモンド型の瞳についキスをしてしまいたくなるやや厚みのあるポッテリとした小さな唇、鼻筋も通っていて、まるでファッション雑誌から浮き出て来たかの様なチャーミングさ...生まれながらに備わったドМ性とまだ発育中のはちきれんばかりのFカップを存分に使いたいと願い、入店を決めたのだ。 なんと・・この年にして「結婚をする際に一番大切な事は、SEXでした。。」と、悲しげな表情が溜まらない!!肌にフィットする真っ白なセーターの胸元を内側から押し上げる張りのあるバスト、情欲をそそられる身体をしているであろうことが想像できた。 幼い顔と肉感的なアンバランスさがさらに欲情をそそる。 あどけなさが残る羊羹よりも甘いであろう笑顔が妖艶な微笑みに変わる。 部屋に入るや否や、本当に淋しい日々を長きに渡り送って来たのであろう恥ずかしがり屋で消極的なドМの幼な妻は、ホホを触りながら、ピッタリと身を寄せてきてキスをして来るのだ。必死にしゃぶりつく幼な妻は我に返ったのか、少し顔を赤らめ恥ずかしそうに心を落ち着けているのであろう..「はぁぅん・・」とやらしい吐息をはきながら、ネットリとスローな動きで絡み付いて来る。 いつまで続くのであろう濃厚なキスを全くやめようとはしない...キスをしながら服を脱がしてやり、ブラジャーを外すと、プルルンッという音がきこえるような魅惑のおっぱいが、 解放!! 良い香りと柔らかさが、すぐに確認出来る。 マシュマロのようなもふっとしたおっぱいの感触を楽しむと、すでに少女の面持ちを残したピンクの乳首は固く立ち上がり、「アッ、アァァッ・・ハァ、ハァ」と喘ぎ、大きな乳房と腰をくねらせ反応してしまう。 この巨乳で、こんなにウエストがくびれてるとは思ってもいなかった事に興奮を覚えるであろう・・そこから緩やかな曲線を描いて広がるヒップのラインの発達ぶりが絶品で、みっしりと肉が詰まっている。 両手を頭の上で一括りにし、ムッチリとした太股を恥ずかしい角度に割く・・・「嫌あああああっ、恥ずかしいですぅ!!」とは言いながら、どう見ても嫌がっている様子は微塵も見られない。 両の太股の狭間にはいまだに初々しい色艶を保った紅色の薔薇が咲き誇っており、さらにその下の谷間にはセピアの菊花がひっそりと息づいているのだ。 そっと指を深く奥まで侵入、媚肉をまさぐられるおぞましさに甲高い悲鳴を上げて身を揉む「あぁ、ダメっ。ダメェ・・・ダメッだめダメェェェ!!イッちゃうイッちゃいます。イッちゃうよぉぉ~~」オマン○をホコホコさせて答えた。 薄桃色の肉蜜から引き抜かれた湿った指先を間髪入れずに再び淫らに戻す。 「ああ あ あ あああっああ 冷っ・・・・・・・ああっ!?・・・・熱っ、熱いっ!熱いのっ!!」 「ヤダァ やだっ やだぁぁ、ダメッ おかしくなっちゃうよぉ!!」 「あぁぁぁぁぁ・・・電気が走ってる。」 次の瞬間、花弁の奥から熱い蜜を迸らせる。白濁し泡立つソレは勿論、尿ではない。オ○コ汁だった。 「ああっ・・・・・駄目・・・・・駄目・・・・・・」完全に脱力してしまっているが、お礼のつもりか一生懸命に力を奮い、硬く反り立つ肉棒をマシュマロにサンドさせ口の奥まで飲み込む健気な幼な妻であった。

写メコン

店舗基本情報

店名 結婚3年目の刺激が欲しいM妻たち~もっと◯◯にして!
業種 /
ジャンル
デリヘル/人妻
住所 東京都◆ 体験入店続々、入店中_ド変態グラビアモデル!!!
最安値 30分:8000円
価格帯 一般
定休日 年中無休
アクセス どこからでもお電話下さい。
電話番号 03-5377-7378
オフィシャル http://www.kamata-deli-h.com/
QRコード QRコード