厳選PICK UP 店舗情報

回答受付中の質問

嬢の転身

カテゴリ:風俗全般

改めて明けましておめでとうございます!今年も落ちこぼれアラサーフリーターLAWSONをよろしくお願いいたします!…

そんな私からの今年最初の質問は…2017年最後の姫納めに行った時のこと…

お店に行くとフロントに女性スタッフが座っていたのですが…なんとその女性スタッフは以前に何度かセラピスト=嬢としてお相手したスタッフさんでした!なんか見たことある〜!そのスタッフさんもお久しぶりです!と覚えてくれてて…←レポートの答えはこれですw

このようにキャストやコンパニオン、セラピストの在籍嬢がその店のフロントスタッフなどに転身して残ることって珍しいケースでしょうか?

違う形とは言え再会したのは嬉しかったですが…ホントびっくりした瞬間でもありました!

実際同じ体験された方、いないでしょうね…たくさんのご意見、感想をお待ちしてます!

投稿者:LAWSONさん
質問日時:2018/01/06 10:43:43 回答数:3 閲覧数:119
この質問に回答する

えろ文士yamazatoでございます。
昔の遊郭には遊客のコンシェルジュともいえるヤリテ婆がおりました。
今でいえば風俗店の女性マネージャーといったところですかね・・
このヤリテ婆、元遊女で見世(店)のOGという場合が多かったようです。
現場のキャストから運営スタッフにシフトチェンジするというのは、この
業界ではよくあることなのでありますな〜
小生がお手合わせした姫が店の運営スタッフへ転身した実例はありませんが
現場を知り尽くしたキャスト経験者の女性運営スタッフは店側としても重宝な
人材なのではないかと思います。
嬢への接客サービスの実技指導、顧客対応、嬢の待遇改善など男性スタッフとは
明らかに違った視点で仕事をしてくれる風俗業界の逸材と言えます。
でも昔のオキニが店のフロントで「新人の可愛い女の子、入ってみますか?」なんて
聞かれたら、なんか複雑な気分になりますね・・

【すすきのH姫遊び川柳】を一句、

         やりて婆 昔は太夫(たゆう) 夢の跡

投稿者:yamazatoさん 回答日時:2018/01/06 20:08:01

LAWSONさんこんにちは。ついたことがある嬢との思わぬ再会&自分のことを覚えていてくれたことってけっこう嬉しいものですよね(笑)
私は以前良く呼んでいたデリ嬢がその店のオーナーになっていたということがあります。
その嬢、なんと前オーナーと結婚したとのこと。
そしてそのダンナになった前オーナーの浮気が原因で離婚するときに嬢が以前勤めていたデリ店とオーナーが経営していた飲み屋を慰謝料としてくれたのだそうです(笑) 
最近はその嬢から「飲みにおいで〜飲みにおいで〜」と営業のLINEがちょいちょいきます(笑)

投稿者:雲海さん 回答日時:2018/01/06 17:42:58

LAWSONさん、おはようございます。

私も以前はナンバー入りスタッフだったのに、
フロント入りして受付を行っていた子を知っています。
その子は遅番専門で、早番専門の私とは実際にお手合わせの
経験がなかったのですが、フロント見習いの時に・・・
あの「パルポ」で登場し私の素性を明かしていましたので、
その後のフロントでの会話も歯痒さ等なくスムーズでした。

ただ心残りで「一度は、お相手してもらいたかったかな?」
その子も既に業界を引退しており、新しい世界に入っていると思います。

投稿者:paruさん 回答日時:2018/01/06 10:53:40